THE KING OF ROCK SHOW

清志郎には、野音のステージがよく似合う。
夏の野音のステージには、清志郎が必要だ。
改めてそう感じさせられた映像だった。


忌野清志郎 LIVE at SPACE SHOWER TV
"THE KING OF ROCK SHOW"

忌野清志郎 LIVE at SPACE SHOWER TV~THE KING OF ROCK SHOW~ [DVD]
EMI MUSIC JAPAN
2010-02-10

ユーザレビュー:
あの「弾き語り 多摩 ...
ボスの軌跡・特選映像 ...
ROCK SHOW清 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


1993年から2005年まで、
SPACE SHOWER TVが撮りためた映像集。

1990年代、
僕はロックを離れジャズやフュージョンばかり聴いていて、オン・タイムでは見ていなかったその頃の清志郎の映像を見れるのは嬉しい限り♪

そして、ライブ・ステージの映像だけでなくインタビューとかの映像まで入っているのが、更に嬉しい!

特典映像も素晴らしいの一言。
特にSoHoの映像は面白かった!

カラオケ・ルームへの突撃ゲリラ・ライブ!
もし自分がそこにいたら・・・
多分余りにも嬉しすぎて、固まってしまう事だろう。

羨ましい~!


清志郎ファンにとっては、必見の映像集。
SPACE SHOWER TVに感謝!感謝!



清志郎には、野音のステージがよく似合う。
夏の野音のステージには、清志郎が必要だ。

夏の野音のステージに立つ清志郎に、もう会えないんだと思うと、
涙が出てきた。

先日、
CHABOのDVD見て、涙枯れるまでタップリ泣いたはずなのに、
また泣いてしまった。


いったいいつになったら、泣かずに見る事が出来るようになるのだろう・・・





来月には、清志郎の新譜が発売される。

Baby #1
EMIミュージックジャパン
2010-03-05
忌野清志郎


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


Blueさんのブログの記事みたら、益々楽しみになった(^o^)

そうか!タッペイ君が・・・


う~ん、発売が待ち遠しい!


泣かずに聴く事が出来るかな~




そして、3月にはもう一つ楽しみが。


梅津和時恒例の新宿PIT INNでのライブ、"プチ大仕事"がある。

この新宿PIT INNでの7daysの4日目、
そのメンバーは、以下の通り。

梅津和時(sax,cl)、三宅伸治(vo,g)、厚見玲衣(key)、中村きたろー(bass)、江川ゲンタ(ds)
片山広明(sax)、渡辺隆雄(tp)


そう!
Nice Middle & NEW Blue Day Hornsのメンバー!

この日のライブのタイトルが、
「清志郎を支えたバンドマンたちの、愛と誇り」。


このライブのチケットが、先日日曜から発売された。
そして4日目のチケットは、あっという間にソールド・アウト!

ソールド・アウトする前に、何とかチケット確保出来た♪



3月19日。
久しぶりに集まるこのメンバーで、どのようなライブが行われるのだろう?

間違いなく、メンバー達の"愛"と"誇り"がタップリと詰まったライブになる事だろう。


清志郎の新譜が発売されるのと一緒に、
その日が来るのが楽しみだ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年02月11日 23:58
プチ大仕事、行かれるんですね。
羨ましい~
BABY#1の40周年発売も待ち遠しいですね。
スペシャのDVDはオマケの映像の方が面白かったです。
ライブ映像はいくつかYouTubeにUPされてて新鮮味にかけました。

3月19日は思いっきり楽しんできてください♪
☆~♪^^♪~☆
2010年02月12日 00:04
レオンさん、気持ち玉&コメント有り難う♪
確かに、ライブ映像はYouTubeで既に見ている映像もいくつか有りましたね(-_-;)
この点は、YouTubeの弊害ですね。
で、おまけ映像は本当によかった!

BABY#1は本当に楽しみです!
そして、プチ大仕事行ってきます!
楽しんできま~す!
2010年02月14日 22:09
いろんなこと想像したら、
やばい…また涙が(@@;)。
2010年02月15日 11:41
そう、「いったいいつになったら、泣かずに見る事が出来るようになるのだろう・・・」って感じですよね

この記事へのトラックバック